月別アーカイブ: 2018年5月

木造住宅のかっちり感はすごい

家を作りたいと思った時に、どんな家にするのかイメージしますね。その時、日本人なのでまず思うこととして木造住宅を建てることを想像するのではないでしょうか。木の家というのは、それだけでほっとできる安心感があります。それは、日本人なら誰でも思う事です。ほかの家を見た時に、いいなと思うもののやっぱり住みたいと思うのは木の家が多いですね。その良さとしては、なんといってもかっちりとした印象を持つことができるということです。ほかの家を見た時に、重厚と感じないことがあります。おしゃれな家と思うことがあっても、重厚と思うことが少ないのではないでしょうか。そは、日本独特のしっかりとした頑固さが家作りでも表現されていると思うのです。昔住んでいた家について懐かしいと思うことと、天井を見た時にしっかりとした作りだったなと懐かしく感じます。そして今も、母親が住んでいることを思うと、その頑丈さをさらにすごいと思うことができます。