建売住宅を購入してから欠陥が見つかった場合

一戸建て住宅を購入してしばらくしてから、重大な欠陥が見つかった場合、購入した人は泣き寝入りしなくてはいけないのでしょうか?実は、法律で購入者が不利にならないように保護されています。
購入する場合は当然実際に物件の下見をしますが、通常では見つけることができないような欠陥があった場合、売り主には「瑕疵担保責任」があります。瑕疵とは「かし」と読み、欠陥のことを意味しています。瑕疵担保責任は、たとえ売り主に過失がない場合でも、その責任を負わなければならないことになっています。
瑕疵担保責任は、欠陥があることを知った日から1年以内であれば保護の対象になります。買った人は、売り主に対して、損害賠償を請求したり契約解除を申し入れることができます。知った日からでいいので、売り主の責任がとても重いことがわかります。不動産選びは素人ではわからないこともたくさんあります。素人が不利にならないように法律で決まっているので安心できますね。

PR:富士市で注文住宅を建てるなら空間工房LOHAS