建売りの私と注文住宅の友人

住んでしまえば同じなのでは?という感覚もありますが、建売りに住む私と最近注文住宅を建てた友人、それぞれに色々思いはあるようで…すべてに当てはまる考え方ではありませんが、住んでいる者のひとつの考えとして読んでいただければと思います。
建売りを購入した我が家は、何度もしつこく足を運んで見学した物件を購入しました。外観、内装共にシンプルなつくりだったので暮らしやすそうだったことが一番のポイントだったのですが、部屋数も子供一人につき一部屋。を叶えられたことと、夫婦とお客様の分の駐車スペースがあったことも決め手でした。住んでみてデメリットとしては、ウッドデッキが広すぎて、そのままお庭だったほうがフレキシブルな使い方ができたのに、という点です。
そして、最近注文住宅を建てた友人は、とにかく場所重視だったので、土地の価格に関しては高くても買おうと決めて買ったのですが、やはり予算に対して土地代がかかったために家で妥協した点が多々あったとのこと。さらには、外構工事を依頼するとお金がかかるので。芝を敷いたりアプローチを舗装するのもすべて夫婦でやったそうです。手間と時間はかかってもそれはそれでいい思い出になったし、愛着も沸いたそうです。
自分が妥協したくないポイントを見極めてマイホームを手に入れたいですね。